相棒 season16 <第6話> 11月22日 動画|ジョーカー|動画無料【ドラマ部屋】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【番組名】相棒 season16

【放送日時】2017年11月22日(20171122)

【話数】第6話

【サブタイトル】ジョーカー

【メインキャスト】水谷豊、反町隆史 鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、山西惇、浅利陽介、神保悟志、小野了、片桐竜次、大杉漣 【ゲスト】山田純大、藤田宗久、宮本裕子、松尾諭

警視庁を訴えた裁判に注目が集まっていた早見(山田純大)という元捜査二課の刑事。警察は、早見の妻・幹子(宮本裕子)が半年前に歩道橋から転落死した一件について、自殺と断定して捜査を打ち切ったが、早見は殺人の可能性を主張。その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった早見だが、その処分は不当だとして損害賠償を請求。そんな早見の代理人は、以前、快楽殺人犯の弁護を担当し、特命係に深い因縁がある弁護士の連城(松尾諭)だった。衣笠副総監(大杉漣)は、あくまで処分は妥当だったと印象付けるために、偽証した男の捜索を指示する。 幹子が本当に自殺だったのか、警察の代表として裁判に出廷した大河内(神保悟志)と共同捜査を開始した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)の2人。通常ではありえないような捜査方法だが、係争相手である早見と接触するという大胆な行動に。早見によると、幹子は何者からか脅迫を受けていたといい、当時彼女がかかわっていた大規模な経営戦略プロジェクトを通して、不都合な真実を知ってしまったため、事件に巻き込まれたのではないかという。その証言を受け、問題の企業を調べた右京と亘は、経理データ改ざんの痕跡を見つけ…?半年前、捜査二課刑事・早見(山田純大)の妻・幹子(宮本裕子)が歩道橋から転落死した。その後、警察は自殺と断定し、知人に殺人の目撃証言を偽証させた疑いで早見は懲戒免職となっていた。早見は処分が不当だと警視庁を訴え、裁判で大河内監察官(神保悟志)の限度を超えた聴取が問題視され…。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、大河内と共同で独自の捜査を開始する。

相棒 season16|ジョーカー【動画一覧】

【相棒 season16 <第1話> 10月18日 動画|検察捜査】のコメント一覧&コメントを残す

コメントを残す


【ドラマ部屋】最新記事一覧!!▼

最近の投稿