【正義のセ】|動画番組詳細やキャスト

【番組名】正義のセ

【放送曜日&時間】毎週水曜 22:0〜23:0

【放送局】日本テレビ

【出演】吉高由里子、安田顕、三浦翔平、広瀬アリス、塚地武雅、宮崎美子、ほか

【公式URL】https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se/

【主題歌】福山雅治「失敗学」(アミューズ/ユニバーサルJ)

【音楽】得田真裕

【放送番組説明】阿川佐和子のベストセラー「正義のせ」がドラマ化される。仕事、恋愛、働く女性の悩みに答えが見つかる作品である。主人公竹村凛々子(吉高由里子)は下町の豆腐屋の娘。正義感が強く、明るい性格で家族思い。不器用だけれど何事にも一生懸命である。この春から、横浜地方検察庁港南支部に赴任した2年目の検事である。大阪赴任だった1年目は恋人とも遠距離恋愛になっていた。横浜に赴任した凛々子は、「これからは仕事も恋愛もしっかりやる」と決意する。喜怒哀楽がすぐに出てしまう性格の凛々子。バディを組む事務官の相原から「被疑者に感情移入をあまりしないように」と小言を言われる。そんな凛々子が担当することになった傷害事件では被害者と被疑者の言い分が真っ向から対立する。全治2か月の重傷を負ったと被害届を出した部下と「暴行などしていない」と容疑を全面否認する上司。凛々子は事務官相原とともに、事件の裏に隠された真実を突き止めるために捜査を進める。不器用だけれど一生懸命何事にも取り組む凛々子は、仕事にも恋愛にも四苦八苦。周りを巻き込みながら女性としても検事としても成長していく凛々子の姿は見る人を元気にするドラマ。水曜ドラマに、また新しい等身大のヒロイン誕生!主人公・竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。周りを巻き込みながらも、まっすぐに事件に取り組み、検事として、そして女性として成長していきます。 阿川佐和子の小説をドラマ化!原作はエッセイ、小説、テレビと幅広く活躍する阿川佐和子さん。160万部を超えるベストセラー『聞く力 心をひらく35のヒント』で知られる阿川佐和子さんのシリーズ小説「正義のセ」を、満を持してドラマ化します。 まっすぐなヒロインが、仕事に恋に悪戦苦闘!もちろん、仕事だけじゃなく恋にも悩む主人公。喜び、笑い、泣き、怒り、そしてよく食べ、よく飲み、よく働く。「正義のセ」は、見た人がきっと元気になれる痛快お仕事ドラマです!

【正義のセ】記事&動画一覧