ドクターX~外科医・大門未知子~5 <第8話> 11月30日 動画||動画無料【ドラマ部屋】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【番組名】ドクターX~外科医・大門未知子~5

【放送日時】2017年11月30日(20171130)

【話数】第8話

【サブタイトル】

【メインキャスト】米倉涼子、岸部一徳、草刈正雄、永山絢斗、内田有紀、遠藤憲一、田中圭、久住小春、陣内孝則、段田安則、西田敏行 【ゲスト】林家正蔵

ステージ4の手術が不可能な癌だと診断され、死を前にした元大臣秘書官・八雲(林家正蔵)。八雲(林家正蔵)は自分が死ぬ前に人生を振り返り正義のために厚労省の不祥事を内部告発した。すべての病院から断れてたが、東帝大学病院はマスコミに大きく取り上げられていた八雲(林家正蔵)に注目し、病院に招き入れる。蛭間(西田敏行)は当初、大門未知子(米倉涼子)にオペさせる予定であった。しかし、そこへ日本医師倶楽部会長・内神田(草刈正雄)が現れ、蛭間(西田敏行)を一蹴する。八雲(林家正蔵)が内部告発した人物は内神田(草刈正雄)の友人の大臣であったのだ。内神田(草刈正雄)は八雲(林家正蔵)を完治させるのをやめさせようとし、未知子(米倉涼子)にオペさせることを禁じた。その後、執刀医は海老名(遠藤憲一)になったが、到底海老名(遠藤憲一)の手に負えるオペではなかった。そこで何者かが今までの東帝大学病院の高難度の手術はすべて未知子(米倉涼子)がやったことを告発されたくなかったら今回のオペも未知子(米倉涼子)にやらせろと脅迫状を東帝大学病院に送り付ける。果たして大門は八雲(林家正蔵)の手術を無事に成し遂げることが出来るのか?根治手術が不可能ながんであると診断され、死を覚悟した元大臣秘書官・八雲(林家正蔵)が厚労省の不祥事を告発。しかし、告発した人物らは日本医師倶楽部会長・内神田(草刈正雄)の友人だった!内神田に釘を刺された蛭間(西田敏行)は、未知子(米倉涼子)を八雲のオペから排除。納得のいかない未知子だが、そこで若手医師の西山(永山絢斗)が未知子に“これまで口にすることのなかった思い”をぶつけ、信じられない行動に出る

ドクターX~外科医・大門未知子~5|【動画一覧】

【ドクターX~外科医・大門未知子~5 <第1話> 10月12日 動画|】のコメント一覧&コメントを残す

コメントを残す


【ドラマ部屋】最新記事一覧!!▼

最近の投稿