ドクターX~外科医・大門未知子~5 <第9話> 12月7日 動画||動画無料【ドラマ部屋】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【番組名】ドクターX~外科医・大門未知子~5

【放送日時】2017年12月7日(2017127)

【話数】第9話

【サブタイトル】

【メインキャスト】米倉涼子、岸部一徳、草刈正雄、永山絢斗、内田有紀、遠藤憲一、鈴木浩介、田中圭、是永瞳、久住小春、陣内孝則、段田安則、西田敏行 【ゲスト】井本彩花、原沙知絵、きたろう、大友康平

城之内博美(内田有紀)の娘が通っているバレエ教室の先輩の九重遥(井本彩花)がおじいちゃんの九重節郎(大友康平)と東帝大学病院を訪れていた。バレエの選考会を目前にし、足の激痛が治らず検査をしに訪れていた。大事には至らない炎症と一時は断定するが、未知子(米倉涼子)は運動能力に損傷をきたす舟状骨骨折ではないかと勘ぐる。博美(内田有紀)は遥(井本彩花)の母・九重比佐子(原沙知絵)に再検査を受けることを奨める。数日後、整形外科医・木元(きたろう)が遥(井本彩花)を再検査した。その結果、未知子(米倉涼子)の予想は的中し舟状骨骨折であることが判明する。バレエの選考会に間に合うのか不安になった比佐子(原沙知絵)は、いつ完治するかと問うと2回の手術が必要で完治まで半年かかると言われ、病院を立ち去ろうとする。その後、未知子(米倉涼子)が昔、遥(井本彩花)と同じ症状で救えなかったプロテニスプレイヤーのことを思い出す。未知子(米倉涼子)はある方法で通常2回必要な手術を1回で終わらせるという。過去の自分へのリベンジも込め、この手術は絶対に成功させたいと思っていた未知子(米倉涼子)だがそんな中、影で内神田(草刈正雄)の思惑による魔の手が忍び寄っていた…果たして未知子(米倉涼子)は無事に手術を成功させることができるのか!?バレエ教室に通う少女・九重遥(井本彩花)が、足を骨折。通常の治療では、大事な選考会に間に合わない。そこで、未知子(米倉涼子)はたった1回の手術で完治できるという、「患者自身の骨で作った骨のネジで骨折部を固定する」術式を提案。一方、日本医師倶楽部会長・内神田(草刈正雄)は未知子を日本の医学界から排除すべく、本格的に暗躍し始める。そして、少女の治療にまい進する未知子の前に“高い壁”が立ちはだかり…

ドクターX~外科医・大門未知子~5|【動画一覧】

【ドクターX~外科医・大門未知子~5 <第1話> 10月12日 動画|】のコメント一覧&コメントを残す

コメントを残す


【ドラマ部屋】最新記事一覧!!▼

最近の投稿